乱視用カラコンについて詳しく解説します!

このサイトでは、乱視用カラコンに関するさまざまな情報を掲載しています。
選ぶ際に重要となるチェックしておきたいポイントや、大きさに合わせた選び方など、状況に応じた選択基準についての内容が中心です。
それだけではなく、購入できる店舗についての情報も掲載しています。
これから乱視用のカラコンの購入を検討する方や、どのように選べば良いのかわからないという方は、このサイトを参考にして自分に合ったカラコンを手に入れてみましょう。

乱視用カラコンの選び方のコツを解説!

乱視用カラコンの選び方のコツを解説! 乱視用カラコンは多くの種類があるので、どのようなものを選べば良いのか、選び方がわからないという方は少なくありません。
まず乱視用カラコンとは、基本的に乱視用メガネや通常の乱視用コンタクトレンズと同じく乱視補正に必要な機能が備わっているため、乱視を解決することが目的であれば、自分の乱視度数にあった商品を選ぶことを心掛けましょう。
乱視用カラコンの選び方は様々ですが、安全性を重視する際は厚生労働省の認可を経ている商品を選ぶのがコツです。
度が入っている以上は医療機器として扱われるので、認可のない海外の乱視用カラコンを使用するのは完全自己責任になってしまいます。
それについて理解した上で安さを重視するのであれば、日本製ではなく海外製のものを購入するのも良いでしょう。

乱視用カラコンの購入方法と眼科での診察の重要性

乱視用カラコンの購入方法と眼科での診察の重要性 メガネやコンタクトレンズを作成する際に、自分の瞳は乱視が入っていると医師から説明を受けたという方は少なくありません。
乱視とは眼球の角膜や水晶体がゆがんでいる状態で、目の中に入る光が一点にピントを結ぶことが出来ない屈折状態になることを指します。
そのため乱視が入っている場合は、メガネもコンタクトレンズも乱視矯正が入っているタイプを使用しないと、かえって瞳に負担がかかってしまうデメリットがありました。
そこでお手入れが楽で、角膜の炎症が起こっている場合でも問題なく使用できるとしてメガネを常用している方が増えていますが、女性などはアイメイクでメガネを気にせずにおしゃれを楽しみたいという声も多く、最近では乱視用カラコンを利用して手軽に乱視矯正を行う方が多くなってきています。
実際に乱視用カラコンの購入方法は、医師の処方箋は不要なので、商品を取り扱いしている通販サイトや店頭で購入することも可能ですが、乱視用カラコンには乱視度数と乱視軸の表示がされており、人によって見え方の個人差があるため正しい数値のコンタクトレンズを購入するためにも、初めて利用する方は眼科医の診断を受けてから購入することをおすすめします。
眼科とコンタクトレンズ店が併設している場所に行けば、スムーズに自分にぴったりの乱視用カラコンが手に入るので便利です。

乱視用カラコンといえばアイコフレワンデーUVM

乱視の人は角膜や水晶体のゆがみにより、目に入る光が網膜上で一点に合わず、モノが二重に見えてしまいす。乱視用カラコンアイコフレワンデーUVMは、幅広い乱視に対応できる目にやさしいカラコンです。
その特徴は、レンズの保存液に海藻類から抽出される天然保湿成分アルギン酸を配合しており、瞳の中の水分を引き寄せ、レンズ表面に涙をとどめる働きがあります。
また、0.05㎜の超薄型レンズデザインなのでなめらかで快適な装用感です。UVカット機能もあり、目に有害な紫外線をカットします。着色部の色素を目に直接触れさせない、レンズ内部に色素を閉じ込めたインナーカラー構造になっていて、角膜への影響を配慮したデザイン設計を採用しています。
さらに、非イオン性低含水素材を使用しているので、タンパク質などの汚れがつきにくく、乾燥感の軽減が期待できます。女性の日々に寄り添い、おしゃれを楽しむように作られた魅力的な乱視用カラコンです。

カラーコンタクトレンズの乱視用カラコンとは

瞳の印象を強めたりお洒落を楽しんだりすることができるカラーコンタクトレンズには、近視用のものがあります。しかしその他に最近では遠視用のものや乱視用カラコンも種類が豊富になっています。角膜や水晶体に歪みがあり目のなかでピントが合わない乱視は、かつてはメガネで視力を矯正するのが一般的でした。
コンタクトレンズでも矯正をすることができるようになったばかりか、色のついたカラーコンタクトレンズも登場し今では乱視でも目元のお洒落を楽しめるようになっています。様々な種類がある乱視用カラコンには、CYLという乱視度数を表す数値があります。CYLはCYと表示されていることもありますが、どちらも同じ意味です。
さらに乱視用カラコンにはAXISという表示もあります。これはAXと記されることもあるもので、それぞれ自分に合ったものを選ぶのが必要です。これらは眼科で調べることが可能なので、乱視用カラコンを購入する前にはまず受診します。

乱視用カラコンも高度管理医療機器に分類される

乱視だけれど、カラーコンタクトレンズで瞳の色や大きさを変えてお洒落を楽しみたいと考える人も多いのではないでしょうか。今の時代ではカラーコンタクトレンズは乱視用のものでも、インターネットでも売られていてパソコンやスマートフォンから簡単に注文することが出来るようになっています。手に入れやすいため便利ですが、乱視用カラコンも他のコンタクトレンズと同様に高度管理医療機器のうちの1つです。これは不具合があった場合に、人の体へのリスクが高いことを意味しています。もし間違った使いかたをしてしまうと、目にトラブルが起こることが考えられるということです。そのためお洒落を目的として乱視用カラコンを使用する場合でも、正しい選び方・使用方法をする必要があります。レンズを購入する前には眼科医の診断を受けるようにするほか、医師の指示に従って定期健診も受けるようにしましょう。さらに装用時間を守るほか、違和感がある場合には使用しないなどの注意が必要です。

乱視用カラコンを購入する方法とは。ネットでも購入可能なのか

度が入っていないカラコンであれば、どこでも購入が可能ですが、乱視用カラコンを購入する場合にはまず処方箋が必要です。コンタクトレンズを作りたい旨を伝えれば、眼科ですぐに出してもらうことが可能です。但し、眼科によっては提携しているメーカーのコンタクトをすすめてくるため、信頼できるメーカーのコンタクトを購入したい方にはいいかもしれませんが、インターネットでの購入よりも高くなりがちです。そのため乱視用カラコンの費用を抑えたいという方は、処方箋だけがもらえる眼科を選んでください。 眼科から出してもらった後は、ネットショップで購入する方法が一番安いでしょう。そのときにカートに入れる際に度数が必要となるので、処方箋は手元に置いておきましょう。また、購入先によってはコピーを求められることがあるので、出してもらった処方箋はなくさないように保管することが必要です。なお処方箋には有効期限があるため、短いところは二週間ほどで切れる場合もあるようなので注意してください。

乱視用カラコンに関する情報サイト

乱視用カラコンの購入と選び方

新着情報

◎2021/1/18

カラコンの選び方
の情報を更新しました。

◎2020/10/23

デカ目のカラコンの選び方
の情報を更新しました。

◎2020/09/30

サイト公開しました

「カラコン 解説」
に関連するツイート
Twitter